LCCの手荷物について

青空と田舎模様

LCCの手荷物について

格安航空券でおなじみのLCCでは、機内サービスの多くが有料化サービスになっています。
有料サービスと言えば機内食や毛布などがありますが、荷物も忘れてはいけません。
ここでは、LCCの荷物について見てみましょう。

機内持込の荷物は原則無料です

旅行鞄
飛行機を利用した旅行と聞くと、気になるのが荷物ではないでしょうか。
行き先、日程、人数などによっては荷物の量が増えてしまうこともあるでしょう。
格安航空会社では、ほとんどのところが機内サービスが有料化されていますので、心配になっている人も多いはずです。
しかし、機内持込の分についてはそう心配する必要はありません。
機内に持ち込む荷物については、現段階では多くの会社が無料になっているからです。

その中でも日本国内にある格安航空会社であれば、そう気にすることなく利用できます。
しかし、だからといって何でも持ち込めるわけではありません。
当然のことですが、重量や個数の制限はありますので、用意する時は注意しておく必要があります。
この重量や個数制限についてはこれまでの航空会社と同じですが、それぞれの航空会社によって基準が異なるのが特徴です。
格安航空会社によってまちまちですが、7〜10kg程度が目安と言われています。
この程度の手荷物であれば機内に持ち込めますが、心配な方は自分が利用する航空会社を調べておくといいでしょう。

受託手荷物は有料サービスです

格安航空会社を利用する場合、機内持ち込み荷物は制限内であれば無料ですが、受託手荷物は異なります。
受託手荷物というのは、チェックインの手続きを行う際にカウンターに預ける荷物のことです。
格安航空会社預け手荷物の料金は、次のパターンが存在しています。
「運賃と手荷物の料金が別体型」、「預け手荷物なしとありの料金」、「ある一定の手荷物の料金がチケット代金に含まれている」です。
このうち、運賃と荷物の料金が別体型になった航空会社としては、ライアンエアなどがあります。
また、預け荷物なしとありの料金はピーチ、そして、荷物の料金がチケット代金に含まれている会社はスカイマークなどが該当します。
さらにジェットスターは、それぞれが別体型と、預け手荷物なしとありの両方がオプションになったサービスを提供しています。

利用する前に確認しておきましょう

格安航空券で有名なLCCでは機内サービスの多くが有料化されており、手荷物も例外ではありません。
機内に持ち込む荷物は原則無料ですが、受託する場合は有料になっていますので、利用する前にしっかり確認しておきましょう。

  ← 前の記事: